リースのデメリット

リースは企業向けのサービスとして発展し、それが個人にまで波及したものです。

 

それにはいろいろなメリットがあるからこそ、一般まで普及してきたのですが、当然のごとくデメリットも存在します。

 

デメリットとしてよく言われることが、3年のリース契約期間内で乗るには車を購入した時よりもかなり少ない出費で乗ることができるのですが、リースの延長などや5年契約、7年契約などをすると購入した時よりも総額でかなり高い金額を支払うことになることです。

 

リース料は新車購入金額から3年後の残存価格を引いたものを基本に決められます。

 

残存価格というものは3年後のこの車の価値を想定したもので、それも併せて借りている形となります。

 

お金を借りるという事はそれに金利が乗るという事で、残存価格と同じお金をずっと返済もせず借りている状態になるという事なのです。

 

このような状態でリース延長やもっと長いリース契約を結ぶという事はそれだけ金利が増えるという事になるのです。

 

5年乗り続けることを考えるとローンを組んでも購入したほうが安く済みます。

 

そしてもう1つのデメリットは、制約が多いという事でほとんどの場合、新車の状態で乗らなければならないという事です。チューニングはおろか、ドレスアップすらできません。

 

契約によっては年間の走行距離が決められているものもあり、その場合は、その距離を超えるような使い方をしてはいけません。

 

リースといっても結局は借り物、貸主のいうことに従うしかないのです。