リース車で事故を起こしたら

自動車を運転していれば大なり小なり事故は起こすものです。

 

塀などにぶつけたしまったなどの自損事故から大がかりな修理が必要な事故までいろいろな事故が想定されますが、リース車両はあくまでの借り物で自分のものではありません。

 

借りたものはそのままの状態で返すのがリースの考え方ですので、事故は通常の車よりも神経質になる必要があるでしょう。

 

事故で車が破損したという時に一番気になるのが修理費用、車の部品自体はそれほど高いものではないのですが、修理をするための工賃が非常に高く、部品代よりも工賃のほうが気になってしまいますが、リース契約のほとんどは車両保険も含めた自動車保険料を含んでいたり、車両保険付の自動車保険への加入を義務付けていたりするので、その時の金銭面においてはあまり負担はありません。

 

それよりも気になるのがリース契約満了時の支払いです。

 

リースは新車の購入価格から残存価格という契約満了時の予想査定価格を差し引いた金額を基本としています。

 

事故を起こすという事は一般的な買取店などの査定と同じで、残存価格も下げることになり、契約当初の残存価格との違いが生まれてしまうのです。

 

その差額を埋めるのが契約満了時で契約満了の手続きをした時にリース会社に支払わなければなりません。

 

金額は事故や修理の規模にもよりますが、査定金額がほとんどつかない場合では、残存価格のほとんどを支払うことになります。

 

人からものを借りるという事はこういったところが怖いところです。