リースはどんな車種が選べるか

自動車のリースは、自動車メーカー認定の新車ディーラーや大手中古車販売店、金融関連企業などいろいろな企業が行っておりますが、基本的にはどんな車でもリース契約によって乗ることができます。

 

しかし、リース契約をする企業によってある程度の制約があることは事実です。

 

たとえば、新車ディーラーでのリース契約では、必ずそのディーラーが扱っている自動車メーカーやそのディーラーで扱って車種に限られることがほとんどで、トヨタカローラ系のディーラーでのリース契約で日産の車のリース契約を行うことはできませんし、同じトヨタ系でもネッツ店で扱う車のリースができないこともあります。

 

大手中古車販売店が行うリースでは、リースされる車は全て中古車、それもその中古車販売店などに入ってきて車種のみという事になっており、自由に車を選ぶということはできません。

 

一番自由に車を選ぶことができるといったら、金融関連企業が扱っているリース契約でしょう。

 

金融関連企業のリースは、ほとんどのところが国産車であれば、自動車メーカーや車種などの枠はなく、好きな車を選ぶことができるようになっています。

 

ただ、リース料の面から言えば一番高い設定となることが多く、その辺の兼ね合いが難しいのかもしれません。

 

乗りたいと思っている車が決まっており、それがディーラーで扱っている車であれば間違いなくディーラー系のリース契約をすることをおすすめします。

 

それは金額面でもそうですが、後々の整備面でもそのディーラーにお任せできるので安心して運転することができると思います。